とっぷ

趣味やらポケモンのことやら

書いたり消したりどうでもいいことが多いです

書きたいように書いているので文章の粗さが気になる人は読まないことを推奨します

睡眠について

※あくまでも色々と学んだ上での個人的な解釈なので鵜呑みにしない程度に読んでください

睡眠の話ですが運動やらに例えることが多いです


・そもそも睡眠ってなんで必要なの

簡単に書くと脳と身体(臓器とか)を休めるため

運動後のクールダウンとか休憩とかがイメージしやすいかも

この記事見てるあなたもずっと休まず運動するのは不可能でしょう。そのための休憩


・必要な睡眠時間

を知る前によく言われるノンレム睡眠とレム睡眠について話をします

ざっくりと書くと

ノンレム睡眠…深い眠り、短い居眠りとかは大抵これ

レム睡眠…浅い眠り、身体(と脳)が起きる準備をしてる状態


ノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム…というのを90分周期で繰り返してます。というのは割とメジャーですが、ノンレム睡眠にも段階があるのはあまり知られてません


簡単に言うと最初のノンレム睡眠の方が2回目のノンレム睡眠よりも眠りの質が高い(疲れが取れやすい)です


睡眠の質を5段階で表すと

最初のノンレム睡眠→5

最初のレム睡眠→1.5

2回目のノンレム睡眠→3

2回目のレム睡眠→1

こんな感じ


ノンレム睡眠中に起きようとすると起きる準備が出来ていないので脳と身体が起きるまで時間がかかる上にコンディションは最悪です

運動に例えるならウォーミングアップ無しでいきなり全力疾走してるようなもの


なので極端な話だと最初のレム睡眠の終わりに起きればある程度睡眠は出来ているのでノンレム睡眠→レム睡眠の1周期(90分×2)の3時間でもどうにかなります

ショートスリーパーとか呼ばれる人はこれでもokです


ただ普通の人は3時間では全く足りないので2回目のレム睡眠の終わりである6時間が妥当な時間ですね


・起きるタイミングについて

結論から言うとレム睡眠の終わりに起きる方が少し長く寝てノンレム睡眠の途中で起きるよりも効果が高いです

つまり7時間寝て起きるよりも6時間寝て起きた方がコンディション的には〇ってことですね

レム睡眠の途中で起きるのも悪くないですが、その場合結構な睡眠時間を確保しないとなりません

不等号で表すと

レム睡眠の終わりに起きる(6時間睡眠)≧レム睡眠の途中に起きる(8時間睡眠)>ノンレム睡眠の終わりに起きる(7〜7時間半睡眠)ってことですね


・朝に起きれない人

朝ある程度眠っていても起きれない人は基本的に起きれないというよりは動けないという方が正しいです

脳と身体が追いついていない、運動に例えるならウォーミングアップは終わってるけど心構えが出来る前にいきなりよーいドンと始まったような感じですね


これを解消するには目が覚めてから10〜15分、ベッドの上で寝たまま(横になったまま)ストレッチなどしてゆっくり体を動かしてください

寝たままというのが重要で、起きてからやスマホなど触ってじっとしているのはダメです

ゆっくりと脳と身体を準備させて起きるようにさせます


・仮眠について

これは例えるなら深呼吸に似ています

普段の睡眠が呼吸(必要な時間寝ている)だとすると仮眠は深呼吸(リフレッシュや切り替え)になります

ただ一旦寝るとどんなに短い時間を寝ていたとしても脳と身体が再び完全に起きるまでは90分かかるのでそこは知っておきましょう

ランニング中に息切れしていたから小休憩し

たので、呼吸は整ったけど乳酸が溜まって休憩前ほどは動けない、ってイメージが近いです


仮眠自体は全然良いですが(ノンレム睡眠になるので)起きた直後は寝ぼけていることを忘れずに


・眠りの質を高める方法

理論はともかくざっくり書くと

寝る30分前からはスマホやゲームなど目が疲れることはしない

寝る前にホットタオルなどで目の周辺を温める&軽く(目はデリケートなので強くしない!)マッサージを行う

寝る前にリラックスする曲を聴く(眠りにつき始めたら質が落ちるので聴くのを止める)

部屋や布団や服装などを温かくする(暑いのは✕)

風呂は寝る2時間前くらいに入って、少し温いくらいで時間をかけて温めるようにする(熱いお湯✕)

いびきをかく人は抱き枕(丸めた毛布なども可)を太ももの間に挟んで仰向けうつ伏せではなく横を向いて寝る

目をつぶったらその日のことや明日のことなど余計なことは考えない。寝ることに集中


・眠れない時

冒頭にも書きましたが睡眠は脳と身体を休めるためにあるので横になって目をつぶっておくだけでも効果があります

寝れないからとスマホを触ったり、本を読むのは脳が疲れますし、横になってゆっくりしておくだけでも腎臓肝臓は休んでくれるので睡眠せずにもある程度休憩できます。もちろん寝た方が良いですが


・睡眠の効果

実は睡眠を行うと感情が安らぐ(弱くなる)効果があります

つまり嫌なことや怒りたくなるような出来事があった日は手っ取り早く寝て起きるとかなりその事に対する嫌な感情が薄れています

逆にやる気に満ち溢れてる時には迷惑な効果なんですけどね

つまり、明日からやろうが出来ない理由はあったりします


・睡眠は疲れる

意外と知られてませんが睡眠という行為は結構体力を使っています

休ませてるのに疲れるってのも変な話ですが、寝過ぎると余計に寝足りないとか身体がダルいって感覚はここから来ています

運動に例えるならトレーニング後に休ませすぎて身体や気持ちが怠けるってのが近いかも

ちなみに睡眠を行わない、所謂横になっておくだけの文字通り寝る、はほとんど体力を使いません

休日でも適度な睡眠量を心掛けましょう



結構書いて疲れたので細かい追加は後ほどにでも

気が向いたらカフェインやら寝る時間帯による効果やらも書きたいと思います

とりあえず全部やろうとせず自分に必要な情報だけ活かせばいいと思います(投げやり)

得々(特得)の法則

また期間が空いてしまった…僅かながらも読んでくれている人には申し訳ない


今回は得する人の法則というかそんな感じのお話

現状データとして明確に表されてるものとして


背が高い人ほど年収が高く

顔がいい人ほど人望に恵まれ

年収が高い人ほど恋人が存在し

恋人がいる人ほど幸せに感じている

etc…


ってのがありまして

これは逆も当てはまる(年収が高い人ほど背が高い人が多いみたいな)

あなたがどう思うかは置いといて、現在これはデータという数字として絶対的なものとなっています


もちろん年収や恋人の有無などが全てではないですが、同じ仕事をしているなら年収は高い方がいいし、身長が同じでも顔はいい方がいいでしょう

 

まあ簡単に言っちゃうとカースト上位にいる人ほどどんどん上に登ってくようになってるんですね


これに関しては原因というか理由が2つあります

1つ目は人間としてスペックが高い(顔、性格、身長、etc)方が印象がいいから

これは当然ですよね。ある1つ以外全く同じ人が面接に来たとして、取るとしたら顔がいい方ですし、付き合うなら性格がいい方がいいに決まってます


つまりチャンスが巡ってきやすいし、チャンスの回数が多ければ成功の回数も自ずと増えるわけです

ズルいというよりは持ってるものを活用して何が悪いのってことですね


逆に失敗した場合はスペックが高い人ほど怒られる確率が3割減って、怒られる時間に至っては6割減ります

これはスペックが高い人やその高い人を注目してる人に悪い印象を持たれたくないことから来てると言われてます(怒られたりしないわけではない)



2つ目の理由としては、高い環境(比喩)に身を置くとそれが普通になること、ということです

部活に例えるとすれば、一般の高校の部活よりも超高校級の部活の方が練習の質も高く、時間もあり、環境も良いです


傍から見れば凄いと思われていても、本人からすればそれが普通というか本人のスペックもどんどん上がるので、それが基準になるわけです


チャンスが沢山巡ってくる人には、巡ってくることが普通なので普通にこなすことが出来るようになります

チャンスそのものに関してはスペックが高い、つまり顔がいい人やらの方が確率が高くなるわけです



で、ここまでだと単なるカースト上位の人がどんどん勝ち組になるってだけじゃねーかって記事になるのできちんと使えるように解説(?)します


これは逆に考えると、使える話になります

自分に自信が無い人には人やチャンスは集まらないし、環境のレベルがどんどん落ちるます

逆に1つでも秀でたものがあればそれを基準に周りのものが引き上げられるということです


顔や身長などは変えることが出来ませんが、自信がある様に振る舞えば、同じ普通レベルの人でも周りからの印象は良くなるし、1つでも上手くいくことがあれば、それに連鎖して別のことが上手くいくようになります


運がいいことが続くとか上達を感じて何でも出来る時期ってのがこれが関係してるわけです。1つ上手くいくとアクティブになり、考え方も前向きになるので余裕も出来てくる


反対に何をやってもダメって感じてる(思ってる)人は周りから期待もされなくなるし、チャンスも巡ってこないのでツキ云々も無くなるわけです


つまり、少しでも現状を改善したい、上を目指したいって人は身嗜み、態度、仕事(学業)などを頑張って少しだけ上げてみるとほかも自ずと付いてきます


仮に身嗜み10態度10仕事10の人がいるとして身嗜みが15になれば周りから見られる目も変わり、態度を15になるよう自然と努力するし、褒められるように仕事も15になります。

これは人間の本能的なものなので、誰にでも作用します

よく高校デビューとか大学デビューとかでイメチェンしたとか言われますが、別に悪いことではないと思います。きちんとランクを以前より上げてそれを維持できるなら、ですが

維持出来るなら周りの質も変わってきますし


ちなみに現状に満足してない人は今の環境を変える、みたいな話がありますがこれに関しては余り賛同できません。詳しい話はまた今度。


まとめとしては今よりちょこっと頑張ってみれば色々と質が上がるし、そこまでしたくないから現状維持したいなら今まで通りしていれば大幅に変わることはないし、現状に満足してないのにそのままだとどんどん下に落ちますよってお話でした



褒め方について

久々の更新
といってもネタのストックは沢山あるんだけどイマイチ書く方のモチベが無かっただけ

さて本題
褒め方といっても様々あると思うんですけど、今回は相手が気分が良くなる褒め方についてのお話

Q.あなたの友人が教師や弁護士や消防士など簡単にはなれない職業に就きました。どう褒めますか

ここでのダメな褒め方は、これから将来安定してるね。偉いねとか、勉強頑張ったんだね。とかです

結論から言うと褒める場合は、「その人に対して特別感ある褒め方をすると気分が良くなります」

例えば消防士に対しては「倍率も高いし、身体もこれからも鍛え続けなきゃいけないし、生命の危険もあるけどそれに就職するなんて凄いなあ」的な感じで
ここまで露骨に褒めるのは流石におだて過ぎだけどニュアンス的にはこんな感じがいいです

簡単にポイントを抑えると
身体を鍛えた(ことによって消防士に受かった)ことが凄い、ではなく、身体を鍛えた「あなた」が凄いってのがミソ
誰でも出来ることではない。自分が凄いんだって言う事を伝えてあげるのが良い
似たような響きですけど、実際に言われると全然感じ方が違うらしいです

ちなみにここまで書くとおだて方が上手い狡い方法に聞こえるかもですけど、この記事で伝えたいのは同じ凄いって伝えたいとしても、言い方1つで相手も自分も気分がいいってことが今回の本題

特別感を出す褒め方をすると、普通に褒めるよりも.褒めてくれた人に対しての印象が62%増しで良くなるそうです

相手が苦労したことや、これから普通(普通?)の人と比べて大変になるであろうこと、その人にしか出来ない事などに焦点を当てて褒めるのがgoodですね
極端な話だと、○○ってあんまり普通の人は苦手(出来ない)しそれが出来るって凄い!ってのを言いましょう
まああんまり頻繁にこれを使うとワンパターンになって飽きられちゃうんで伝え方は工夫して…

ちなみにこの方法は褒め方限定で、失敗した人や慰めたい場合に使うと好印象どころか逆効果なので注意してください

例えば、試験で落ちた人に対して、「○○は他の人より勉強してたし頑張ってたよ」みたいなことを伝えたとします
確かに○○は他の人より、という特別感は出てますが、特別に見えるくらいやってたのに試験に落ちた、という感想を抱いてしまうので、逆効果です
励まし方にもコツはあるんですけど、そちらに関してはまた気が向いた時にでも書きます
結論としては、励ます場合などには特別感は出さずに、気持ちに寄り添う形にしましょう

人は誰しも自分が特別である、特別扱いされたいっていう本能的なものがあるので、その辺を燻るのがいいって言うお話でした
かなり簡単なコツなので、明日からでも使えますよ

これからは精力的に記事を書いて行きたいなあ…(願望)

エネルギーを発揮する

怪しい宗教みたいな記事タイトル


人間のやる気やら元気やらありますが、これを便宜上今回の記事ではエネルギーと呼びます


で、このエネルギーを効率よく出すというか、要するに全力で物事に取り組む姿勢を作る方法があるよって話


人間がやる気やらを引き出す動機は2つはあります

1つは自分です


は?当たり前やろって言われるかもしれませんが、ちゃんと理由を説明すると

やる気ない…とかそんな感じでだらけちゃう時ってありません?(あるよね?)

そんな時に過去の自分を思い浮かべてみるんです。小学生とかの無邪気というか何も世の中のこと知らないくらいの自分のことの方がいいです。

で、その思い浮かべた自分が今の自分のだらけてるのを見てどう思うかってのを考えてみます


呆れるかもしれませんし、鼻で笑わられるかもしれません。まあ想像の話ですけど

とりあえず10年前とかの自分に今の自分はこうだぞって胸張れる姿かどうかを想像するとダラダラ出来ないって背筋が伸びる感じがして、シャキッとします


もしくは、部活とか何かに一生懸命取り組んでた人はその時の自分が今の自分を見て同じくらい一生懸命って言ってくれるかどうかみたいな考え方があります


この方法はちゃんとした名前があるやる気を引き出す方法なんですけど、肝心の名前は忘れました


あとは日課のようになっていること(運動とか勉強とか仕事とか)でやる気が出ない時は少し過去の自分を思い浮かべるといいです

数日前の自分が頑張ってたんだし、これくらいならこなせるだろうっていうのがエネルギーになるらしいです


まとめると、過去の自分が今の自分を見て呆れるような姿なら、このままじゃダメだとやる気が出るでしょみたいなお話です



もう一つは異性の存在です

生物の本能みたいなもんなんでしょうか、筋トレ中や勉強中に異性の存在を思い浮かべると、良い結果(普段よりも出来る)に繋がりやすいという結果があるそうです


これは効果が長続きしないので瞬発力的な使い方になるので、短期にガッツリ詰め込んだり、ここぞという時の後押しになったりします


体力テストなんかで好きな娘が見ていると普段よりも脚が早くなるとかもこの影響だそうです


ちなみに昔付き合ってた人とかフラれた人を見返してやる!みたいな考え方は異性絡みですが全く効果が出ないらしいです

見返そうってのは、相手に悔しい思いをさせようとかそういう感情なので、結局自分のことじゃなく他人のことを考えてなにかするわけで、自分のことのように考えられないから効果が薄いとかそんな感じなんですかね?詳しくはわからないです


同じく、家族のため〜とか同性の友達のため〜とかみたいなのを考えても全然エネルギーが発揮できないみたいです

まあ要は、人間の本能として自分のことか異性絡みじゃないとやる気が出ないっていう多少現金な所があるってことでしょうか



結論としてエネルギーを引き出す上で

・毎日効果があるのは(長期的に効く)、過去の自分が今の自分を見て、落胆しない姿になる!みたいなもの

・飽きたりだらけたりする日課なようなものは、数日前の自分が同じように頑張ったことを思い浮かべるとエネルギーが引き出せる

・瞬発的に頑張りたい(部屋掃除しよう!とか暑いけどちょっと遠くまで出掛けよう!)

時は好きな異性の存在を思い浮かべるといい


こんな感じでしょうか

だらしない身体付きなった人は、過去の自分から見て、今の自分の姿が憧れた未来の自分かどうか考えると、長期的なダイエットに繋がりやすいとかもあるみたいです

で、痩せるために運動する→だらけ始めたら数日前の自分も頑張って運動したんだし、同じように頑張ろみたいに応用出来ます


勉強やら日常生活にも趣味にも使えると思います

記事書いてたら過去の自分が思い描いてた理想の姿と掛け離れすぎてて背中がむず痒くなってしまった…

選択肢を減らす

いつもの自己啓発というかそんな感じの

自分の記事は鵜呑みにするんじゃなくてこんな考えがあるんだ〜とか、これはちょっと知っとくと得するかも〜的なやつなのでそんな感じで緩く見てください


選択するっていうのは結構体力を使う行動で、実はこれを減らすだけで余裕を持って1日を過ごすことが出来たりします


例えば朝の時間だけで考えても、服は何を着よう(一人暮らしとかなら)朝は何を買って食べよう、音楽を聴く人なら、何を聴こうとか、それだけでも選択肢が出てきます


選択肢を減らすことで、疲労を抑えることを体現したのはスティーブジョブスです

彼は毎日同じ服装をすることで、朝に何を着ようかという選択肢を減らしました

もちろん、選択肢を減らすことで時間を有効に使えるということもあります


つまり、朝の服選びという選択肢を減らす選択をしたわけです

とはいえサラリーマンなどならともかく、私服の人が毎日同じ服を着るわけにはいかないので、寝る前に次の日に服や行動の選択をしておけば、それだけで次の日の選択肢を減らして体力と時間に余裕を作ることが出来ます


以前ルーティンの記事を書いたことがありますが、それと同じで朝に聴くアーティストや曲を決めておくことで、選択肢を減らすことやルーティン化によって自分の脳にスイッチの切り替えを促すことができます


脳の疲れってのは分かりにくいので、最初は実感しにくいかもしれません



ルーティンの話に戻りますが、習慣化させることで選択肢をそもそも作らないということです

関連付けて話をすると、習慣化には時間がかかるものや比較的早く習慣化出来るものがあります

大雑把に分けて話をすると



・一ヶ月程度で習慣化するものは自分の身の周りや行動習慣

→部屋を綺麗にする、勉強、日記など



・三ヶ月程度で習慣化するものは身体的なことなどの身体習慣

→禁酒や禁煙、筋トレ、早寝早起きなど



・六ヶ月程度で習慣化するものは考え方などの思考習慣

→プラス思考、別のものの見方、客観的思考など



こんな感じに分類されます


つまり選択肢を減らすために毎日決まった音楽を朝に聴くとか寝る前に聴くとか、家に帰ってからやるべきことを決めておいて実行する、なんかも習慣化するまではある程度時間が必要な訳ですね


ここまでで話がややこしいよ〜って人は、徐々に選択肢を減らすように意識すればいいです


例えば、朝にパンとご飯をその日に決めて食べる人はどちらか一つに絞るとか、昼ご飯は選択肢を減らすために、今日は麺類にしようとか事前に決めておくとか、些細なことでいいです



ちなみに何も絞らずに行って、一番脳が疲れるところはコンビニだそうです

仮にお弁当買うにしても、どんな種類のお弁当を買うのかだけで大量の種類がありますし、いくら使うか、他に買うものはあるか、と細かいながらも大量の選択を瞬時に迫られるのですぐに脳が疲れるわけです

だからコンビニで買うにしても、買うものや予算なんかは事前に決めときたいものですね


脳が疲れるとか抜きにしても、あらかじめ選択肢を絞っていれば時間の短縮に繋がります。ルーティンによるスイッチの切り替えなんかも効率アップに繋がりますしね


ここで内容的には記事は終わりますが、オマケ的なのを下に書いておきます。一応注意しますが、汚いというか下世話な話なので嫌な人はここで閉じましょう







ちなみに選択をすると疲れると書きましたが、身体と脳に最も良くないのは男性の自慰行為です(女性の事情はよく知らないので割愛)


特に今はネットで大量にオカズが落ちているわけで、動画ならば見ているうちにアレがいいな〜これがいいな〜とかここでフィニッシュしようとか多くの選択をするわけで、本の媒体に関してもまあ似たようなもんです

探してる最中は判断力が鈍るというか、脳が本能に従ってる感がありますからね


身体に関しても同様に、精液1滴には身体にとって血液40滴分のもの価値が詰まってるとか昔に言われています

自慰行為の後にどっと疲れる感覚や所謂賢者モードの原因はここからくるのかもしれませんね

男性なら自慰行為はほどほどにってことで


ちなみに性行為に関しては身体によかったりします。これに関しては脳内物質やら人間の本能のお話になって長ったらしくなるので書きませんが


以上が選択肢を減らそうとそのオマケの話でした

主に物欲についてなんですけど

考え方のお話で、欲ってのは環境に合わせた方がいいです。一言で言うなら


手持ちのお金(環境)に欲を合わせる方が良いのであって、欲の大きさにお金(環境)を合わせるのが間違っている


ってことですね。物欲の話で、今の環境が嫌だから環境を変えよう!ってのとは別です

身の振り方とかそんな感じ


久々過ぎて書きたいこといっぱいあったのに飛んでしまった。また気が向いたら追記します


やっと新生活落ち着いてきた…