2:6:2の法則

ちょっとだけ対人関係が楽になるお話

 

2:6:2の法則、働きアリの法則とか言われたりします


掻い摘んで話をすると、働きアリが集団でいるとして

常に働き、優秀な働きアリは2割

上位にも下位にも属さず、程々に働く普通のアリは6割

サボってロクに働かないサボりアリは2割

に分類されると言われています

 

面白いのは、これは集団が変わっても割合が変わらないということです

例えば、この集団から2割の働きアリを全て別の場所に移動させると、残った8割のアリの中で


働きアリ2割、普通のアリ6割、サボりアリ2割にまた分かれます

もっと言うと残った働きアリ2割もその中で同じように

働きアリ2割、普通のアリ6割、サボりアリ2割

と元々働きアリであってもそのまま働きアリのままではないという話です

これは社会や学校のような人間社会でも同じだと言われています

 

 

と、まあこれだけだと単なる雑学ですが、これは人間関係に応用出来ます

人間関係にこの2:6:2の法則を当てはめると、

あなたが何をしても好きでいてくれる、仲良くしてくれる人が2割

あなたが何をしようと、深く関わることがない人は6割

あなたが何をしようと嫌いでいる、仲良くなれない人が2割

に分けられます

 

この2割を受け入れること(知っておくこと)で人間関係が楽になったりします

あなたと意見が合わない人がいても、それほど気にする必要は無いです

仮にどちらかが意見を通したとしても、恨みを買うのがオチです


これがどうしても関わりを持たないといけない上司だったりもしますが、この人は仲良くなれない2割なんだ、と割り切ってしまいましょう

 

大事なのは2割の人はあなたを好きでいてくれるという人です

それと同様に、あなたと合わない人は2割はいるということです


これを無理矢理にも全員に嫌われたくない!となると八方美人だったり、見栄を張るだけの上辺の仲だったり、合わない人に嫌われた、という感じに疲れるだけです


逆に考えれば、あなたと合わない人が2割いても、何しててもあなたと相性の合う人は2割います


極端な話をすると、この記事を見ても

そうだな〜と共感したりしてくれる人は2割

ふーん、と流す人は6割

それは違うでしょと思う人は2割いるということです


「殆どの人は、あなたが嫌いな2割の人を意識しすぎている。
それによって、自分らしさが出せていない人が、あまりにも多すぎる」


とか言われたりします。

別に共感が難しい8割の人に届かなくても、繕わずに普段の自分といてくれる2割を大事にしましょーってお話

リアルでもネットでも合わない、理解できない人は合わないタイプの2割なんだなって思えばすごく楽になると思いません?

これに従うと、なんでこいつ慕われてるんだとか周りに人がいるんだ、とかいう感じであなたが嫌いなタイプの人でも、その人のことを好きでいる人は2割いるということです


これはその手の詳しい人からの受け売りなので、記事に書いて説得力があるかはわからんですけど、少なくとも僕は好きな考え方だと思いました。

普段の自分というのは鏡の法則というのがあるんですが、そちらはまた気が向いた時にでも

 

Eject Rain

お遊びで作ったら以外と強くて笑った

解説する要素がそれなりにあるけどこの記事見るような人には解説不要だと思う

とりあえず詰め込みました系だから今後何かに活かせるかもしれない



Politoed @ Waterium Z 

Ability: Drizzle  

Level: 50  

Shiny: Yes  

EVs: 252 HP / 44 Def / 212 SpA  

Modest Nature  

IVs: 0 Atk  

- Hydro Pump  

- Ice Beam  

- Perish Song  

- Protect  


Kingdra @ Choice Specs  

Ability: Swift Swim  

Level: 50  

Shiny: Yes  

EVs: 118 HP / 4 Def / 252 SpA / 12 SpD / 124 Spe  

Modest Nature  

IVs: 0 Atk  

- Surf  

- Hydro Pump  

- Draco Meteor  

- Dragon Pulse  


Gengar @ Gengarite  

Ability: Cursed Body  

Level: 50  

Shiny: Yes  

EVs: 204 HP / 52 SpD / 252 Spe  

Timid Nature  

IVs: 0 Atk  

- Shadow Ball  

- Destiny Bond  

- Protect  

- Perish Song  


Mimikyu @ Eject Button  

Ability: Disguise  

Level: 50  

Shiny: Yes  

EVs: 228 HP / 20 Atk / 4 Def / 4 SpD / 252 Spe  

Jolly Nature  

- Shadow Claw  

- Destiny Bond  

- Will-O-Wisp  

- Thunder Wave  


Tapu Koko @ Electrium Z  

Ability: Electric Surge  

Level: 50  

EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe  

Timid Nature  

IVs: 0 Atk  

- Thunderbolt  

- Dazzling Gleam  

- Volt Switch  

- Thunder  


Mamoswine @ Life Orb  

Ability: Snow Cloak  

Level: 50  

Shiny: Yes  

EVs: 252 Atk / 252 SpD / 4 Spe  

Adamant Nature  

- Icicle Spear  

- Earthquake  

- Stone Edge  

- Ice Shard  



前回の続き

前回の続き


なんとなくの行動を防ぐ方法についてですが至極簡単で反例を用意してやればいいです


ポケモンに例えるなら(こいつ毎回ポケモンに例えてんな…)

マンムーは陽気か意地かみたいな話と似ていて

陽気じゃないと困る場面、逆に陽気じゃなくてもいい場面を具体的に出してみます

環境にキノガッサが多いから上からつららを打てるように陽気、って感じになります


リアルに置き換えるならこれをやっとかないと後々どうなるかを考える

なんとなくでやる人ってのはそれをしないといけない理由がわかってないからなんとなくで済ませてしまう


こうして考えると結果(やらなかった場合)が生む度合いでやるべき事の優先度が出来ます

勉強しないと将来卒業出来ない!みたいな漠然としたものではなくて、レポートやっとかないと週末は忙しいから手をつけられずに困るみたいな目先のことで大丈夫です


逆に考えれば後からやっても大丈夫なものが多ければ娯楽に費やしたりも出来るのでおすすめ


期間が空いたせいで前回から何考えてたか忘れてしまったし時間を空いて書くのはあかんですね

思い立ったが吉日

基本的に考えたことはすぐに行動に移しましょう


ポケモンに例えるなら考え抜いてから構築を作っても周りの環境は変わっているので取り残されるだけです

現実も同じで考えてるだけでは周りの環境は変わっていきます

考えるってのはある一点に焦点を当てて行動することになりますが、実行は周りの環境に合わせる必要があります

どちらが差がつくかは明白


ちなみに一番最悪なのはなんとなくだとか理由もなく行動すること

行動すること自体は大事なことですが、目的が伴っていないなら逆効果です

リレーで言うなら逆走している状態


考えながら実行>考え抜いて決めてから行動>>>なんとなくで実行

ってことですね


なんとなくやった行動はなんとなくやった結果しか産みません


これを予防する方法があるんですが、それに関してはまた後日


ルーティーン

※ちょっと理屈っぽい

※受け売りなのでいちゃもんとか複雑な質問は勘弁


朝起きてから絶対聴く一曲とか

寝る前に絶対聴く一曲とか

集中する前(する時)に絶対聴く一曲とかみたいに〇〇する時に絶対聴く曲とかを決めておくととても捗ります


パブロフの犬みたいなもんで、脳が覚えてくるとこの曲を聴いたらこうなるって身体が反射的に覚えます

つまり習慣づいてくると、朝起きてこの曲聴いたら目が覚めるとか、寝る前に聴くとリラックスして寝れるまで早くなったりします


ここで大事なのは必ず聴く曲を場面ごとに曲を固定して、気分で変えたりしないことです

つまり一過性で好きな曲よりも、昔から聴いてて飽きないような一曲ですね


もしくは偶然良いことが起きた曲を聴くようにしてみてもいいです

例えばある曲を聴いて外出したら良いことがあった→これから出掛ける前にそれを聴いたら良いことがまた起きるかもしれないとか

スポーツで試合の前に聴いたらたまたま活躍した曲があったら、ラッキーソングに決めたり集中したい場面の前に聴く曲にしたりなど

自分自身も部活の試合前に偶然ある曲を聴いて活躍することが出来たことがあり、今でもその曲は勝負所の前には必ず聴くようにしています

これは気分的なものではなくきちんと科学的にも認められてるみたいで一種のルーティーンみたいなものですね



勉強中に音楽を聴かない人にはオススメしませんが、これを活かして勉強などに応用出来るとてもいい方法があります


特定のジャンルを勉強する場合(国語、数学、英語とする)にとある条件を決めて聴く曲を限定します

例えば国語を解く時はアーティストを決めて、国語を解く時はそのアーティストの曲しか聴かないようにします

すると国語を解く時にそのアーティストの曲が脳で再生され、同時に勉強したものが引き出されます


これは音楽を聴かない時は視覚触覚くらいしか使いませんが、音楽を聴いた場合は同時に聴覚も使って学ぶことが影響しています

逆に条件を決めずに色んなジャンルのアーティストを聴いたりすると、解いたりする時に記憶がごちゃごちゃになるので聴くジャンルやアーティストを固定した方がいいわけですね

それを数学、英語と分けていくと脳がこのアーティストの曲を聴いたら数学を勉強するんだ、とかこのジャンルの曲を聴いたら英語を勉強するんだと判断して切り替えが早くなります



勉強に例えましたが日常生活でも応用出来るので、きちんと聞き分けと使い分けが出来ればかかる時間や効率が良くなると思います

No Music No Life!!

明日役立つ計画の立て方

売れないラノベのタイトルみたいだな

ポケモン要素はありません



大体人間ってのは楽観視しがちなのと自分の力量を多く見積もる傾向にあるんですよね


課題があったとします。提出は来週です。

本人がその課題は3日で終わると見積もったら、実際は早くて5日、遅くて7日掛かるとか言われてます


理由は前述のように提出は来週ならいいやとダラダラやる(もしくは手をつけない)

本気になれば早く終わる、もしくは終わらせる力があると思ってるから


基本的に見積もったり出来ることや短期的な目標ってのは実現しません


具体的に言うならテストで80点取ろうと思って勉強して実際80点超えるってのは中々無いです

大概は80点を下回ります

自分の見誤った力量で80点取れるような量と勉強の仕方しかしないから


掲げた目標が叶うのは途方もない時間がかかる目標の時とか言われています


途方もないってのは見積もれないような大きい目標です

例えば、子どもの頃にプロ野球選手になろうって思った人が、1日1日これくらいやればプロ野球選手になる、って10年先まで計画を立てて練習するでしょうか


どれくらいやればいいか見積もれないのに計画は立てれません

なので、目標までの道のりがわからないので力量を多く見積もることもないです


楽観視の件に関しては、プロ入り確実の選手になったならそもそもの意識と環境が違うので次はどれだけ多くの球団に指名されるか、といった目標に切り替わります

この時点で(某選手のように監督がたまげて12球団指名拒否などがなければ)プロ野球選手になるという目標は達成したと言えるでしょう


長期的な目標については、本人の意識や才能もありますが、今回は短期的な目標についてです

ここでタイトルに戻りますが、計画の立て方になります


自分に課題や、やらないといけないことがあったら、最初に見積もって考えた時間より倍の時間がかかると思ってください

もしくは、最初に見積もった時間で終わらせようとしても思っていたよりクオリティが下がると考えてください

なので、まずは自分を過小評価しましょう


テストで80点を取ろうとしたら90点を取る勉強と時間をしましょう

これは進学校や予備校でも使われるテクニックで、希望校よりワンランク上の学校の試験をさせたり、合格最低点を目標にするより合格平均点を超えさせるようにするというのがあります



まとめると

・自分の力量は自分で思っているより低い

・短期的な計画を立てたら、最初にこなせると思った時間より倍かかると想定する

・目標達成をさせたかったら1つ上を目指す(と結果的にかなり楽ができる)



別にテストなどといった特別なものでなくても、部屋の掃除や、朝起きて学校に行くまでの支度、休日の待ち合わせまでかかる時間など、小さいところでも最初に簡単に立てた計画よりも長くかかったりしたことはありませんか?

これは一番最初に書いたように人間はそういうふうに考える(行動する)ように出来てるからです


なのでかかる時間を長めに見積もって早い段階で行動(7時に起きて40分で支度が終わると見積もったなら20分早く起きて1時間でやろうと計画するとか)

もしくは予定を終わらせないといけない時間を早い時間に設定すれば(3時間で部屋掃除が終わると思ったら2時間で終わらせる勢いでやるとか)計画の立て方が上手になるかもしれません