読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2:6:2の法則

ちょっとだけ対人関係が楽になるお話

 

2:6:2の法則、働きアリの法則とか言われたりします


掻い摘んで話をすると、働きアリが集団でいるとして

常に働き、優秀な働きアリは2割

上位にも下位にも属さず、程々に働く普通のアリは6割

サボってロクに働かないサボりアリは2割

に分類されると言われています

 

面白いのは、これは集団が変わっても割合が変わらないということです

例えば、この集団から2割の働きアリを全て別の場所に移動させると、残った8割のアリの中で


働きアリ2割、普通のアリ6割、サボりアリ2割にまた分かれます

もっと言うと残った働きアリ2割もその中で同じように

働きアリ2割、普通のアリ6割、サボりアリ2割

と元々働きアリであってもそのまま働きアリのままではないという話です

これは社会や学校のような人間社会でも同じだと言われています

 

 

と、まあこれだけだと単なる雑学ですが、これは人間関係に応用出来ます

人間関係にこの2:6:2の法則を当てはめると、

あなたが何をしても好きでいてくれる、仲良くしてくれる人が2割

あなたが何をしようと、深く関わることがない人は6割

あなたが何をしようと嫌いでいる、仲良くなれない人が2割

に分けられます

 

この2割を受け入れること(知っておくこと)で人間関係が楽になったりします

あなたと意見が合わない人がいても、それほど気にする必要は無いです

仮にどちらかが意見を通したとしても、恨みを買うのがオチです


これがどうしても関わりを持たないといけない上司だったりもしますが、この人は仲良くなれない2割なんだ、と割り切ってしまいましょう

 

大事なのは2割の人はあなたを好きでいてくれるという人です

それと同様に、あなたと合わない人は2割はいるということです


これを無理矢理にも全員に嫌われたくない!となると八方美人だったり、見栄を張るだけの上辺の仲だったり、合わない人に嫌われた、という感じに疲れるだけです


逆に考えれば、あなたと合わない人が2割いても、何しててもあなたと相性の合う人は2割います


極端な話をすると、この記事を見ても

そうだな〜と共感したりしてくれる人は2割

ふーん、と流す人は6割

それは違うでしょと思う人は2割いるということです


「殆どの人は、あなたが嫌いな2割の人を意識しすぎている。
それによって、自分らしさが出せていない人が、あまりにも多すぎる」


とか言われたりします。

別に共感が難しい8割の人に届かなくても、繕わずに普段の自分といてくれる2割を大事にしましょーってお話

リアルでもネットでも合わない、理解できない人は合わないタイプの2割なんだなって思えばすごく楽になると思いません?

これに従うと、なんでこいつ慕われてるんだとか周りに人がいるんだ、とかいう感じであなたが嫌いなタイプの人でも、その人のことを好きでいる人は2割いるということです


これはその手の詳しい人からの受け売りなので、記事に書いて説得力があるかはわからんですけど、少なくとも僕は好きな考え方だと思いました。

普段の自分というのは鏡の法則というのがあるんですが、そちらはまた気が向いた時にでも