読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コントラフリーローディング現象

「何の苦労もせず得る報酬」と「何かの行動と引き替えに得る報酬」だと、ヒトを含むほぼすべての動物が後者を選ぶ傾向があって、動物行動学ではコントラフリーローディング効果と呼ぶ


これに当てはまらないのは飼い猫だけらしいです


何かの行動というのは労働などを含むこと、つまりエネルギーを使うことです


例に挙げるなら同じ10万円でも何日も働いて苦労して得た10万円と、パチンコなどの賭博で1日足らずで得た10万円では、紙幣としての価値は同じでも、前者の方が価値があると思われ、後者はあまり良しとされない理由がこれにあります


ポケモンでも同じレート〇〇という数字でも、丸パクリして到達したレート〇〇より、自分で考え抜いたりマイナーなどを使った方が好まれる傾向もこれに同じです



人間は苦労したり出来ない事に対しての方が価値を見出す、感じるということです

テスト期間に読む漫画の方が面白い、というのはこれと同じで、普段暇な時に読むよりも、テスト期間中で忙しいから読めない…って状況で読むことに価値を感じているとなります


俗に言う燃え尽き症候群もこれの影響があるという感じですね。苦労することで様々なことに価値を見出していたけど、やることがなくなって価値を感じなくなったと言った感じです


ここまで読むと自由に遊べる時間がある方が良いじゃん!とか考えると思いますが、忙しい時の方が自由な時間がある時よりもゲーム、もしくはゲームに限らず他のことに対するモチベーションが高くなったりするってのを体験したことはありませんか


メリハリや程々に縛りをつけることがモチベーションの維持や向上に繋がります

少ない時間で幸福を感じる(少し大袈裟な書き方)なら色々なことに取り組む、もしくはきちんとメリハリをつけることが内容と価値がある(と本能が感じる)ので、この知識が何かの役に立つかもしれません