読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選択肢を減らす

いつもの自己啓発というかそんな感じの

自分の記事は鵜呑みにするんじゃなくてこんな考えがあるんだ〜とか、これはちょっと知っとくと得するかも〜的なやつなのでそんな感じで緩く見てください


選択するっていうのは結構体力を使う行動で、実はこれを減らすだけで余裕を持って1日を過ごすことが出来たりします


例えば朝の時間だけで考えても、服は何を着よう(一人暮らしとかなら)朝は何を買って食べよう、音楽を聴く人なら、何を聴こうとか、それだけでも選択肢が出てきます


選択肢を減らすことで、疲労を抑えることを体現したのはスティーブジョブスです

彼は毎日同じ服装をすることで、朝に何を着ようかという選択肢を減らしました

もちろん、選択肢を減らすことで時間を有効に使えるということもあります


つまり、朝の服選びという選択肢を減らす選択をしたわけです

とはいえサラリーマンなどならともかく、私服の人が毎日同じ服を着るわけにはいかないので、寝る前に次の日に服や行動の選択をしておけば、それだけで次の日の選択肢を減らして体力と時間に余裕を作ることが出来ます


以前ルーティンの記事を書いたことがありますが、それと同じで朝に聴くアーティストや曲を決めておくことで、選択肢を減らすことやルーティン化によって自分の脳にスイッチの切り替えを促すことができます


脳の疲れってのは分かりにくいので、最初は実感しにくいかもしれません



ルーティンの話に戻りますが、習慣化させることで選択肢をそもそも作らないということです

関連付けて話をすると、習慣化には時間がかかるものや比較的早く習慣化出来るものがあります

大雑把に分けて話をすると



・一ヶ月程度で習慣化するものは自分の身の周りや行動習慣

→部屋を綺麗にする、勉強、日記など



・三ヶ月程度で習慣化するものは身体的なことなどの身体習慣

→禁酒や禁煙、筋トレ、早寝早起きなど



・六ヶ月程度で習慣化するものは考え方などの思考習慣

→プラス思考、別のものの見方、客観的思考など



こんな感じに分類されます


つまり選択肢を減らすために毎日決まった音楽を朝に聴くとか寝る前に聴くとか、家に帰ってからやるべきことを決めておいて実行する、なんかも習慣化するまではある程度時間が必要な訳ですね


ここまでで話がややこしいよ〜って人は、徐々に選択肢を減らすように意識すればいいです


例えば、朝にパンとご飯をその日に決めて食べる人はどちらか一つに絞るとか、昼ご飯は選択肢を減らすために、今日は麺類にしようとか事前に決めておくとか、些細なことでいいです



ちなみに何も絞らずに行って、一番脳が疲れるところはコンビニだそうです

仮にお弁当買うにしても、どんな種類のお弁当を買うのかだけで大量の種類がありますし、いくら使うか、他に買うものはあるか、と細かいながらも大量の選択を瞬時に迫られるのですぐに脳が疲れるわけです

だからコンビニで買うにしても、買うものや予算なんかは事前に決めときたいものですね


脳が疲れるとか抜きにしても、あらかじめ選択肢を絞っていれば時間の短縮に繋がります。ルーティンによるスイッチの切り替えなんかも効率アップに繋がりますしね


ここで内容的には記事は終わりますが、オマケ的なのを下に書いておきます。一応注意しますが、汚いというか下世話な話なので嫌な人はここで閉じましょう







ちなみに選択をすると疲れると書きましたが、身体と脳に最も良くないのは男性の自慰行為です(女性の事情はよく知らないので割愛)


特に今はネットで大量にオカズが落ちているわけで、動画ならば見ているうちにアレがいいな〜これがいいな〜とかここでフィニッシュしようとか多くの選択をするわけで、本の媒体に関してもまあ似たようなもんです

探してる最中は判断力が鈍るというか、脳が本能に従ってる感がありますからね


身体に関しても同様に、精液1滴には身体にとって血液40滴分のもの価値が詰まってるとか昔に言われています

自慰行為の後にどっと疲れる感覚や所謂賢者モードの原因はここからくるのかもしれませんね

男性なら自慰行為はほどほどにってことで


ちなみに性行為に関しては身体によかったりします。これに関しては脳内物質やら人間の本能のお話になって長ったらしくなるので書きませんが


以上が選択肢を減らそうとそのオマケの話でした